心の風邪と言われるうつは信頼できる病院で改善しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

治療と再発予防

カウンセリング

うつ病は、誰でも発症しうる心の病気です。うつ病の症状には色々な症状があり、人によって現れる症状が異なります。症状の一例としては、気持ちが沈む、突然涙が止まらなくなる、頭痛が治らないなどといったものがあります。症状にも軽度のものと重症度のものがあります。重症度でも、自分ではうつ病であるという認識を持たない人もいます。最近は、過労などによった心身ともに壊してしまう人が多くいます。そのため、若者の間でもうつ病などの精神病を発症するケースが増えています。うつ病の人の中には、ただの疲れやストレスと思い込んでいる人がいます。そのため、病院での治療が遅れてしまうことがあります。病院に行くまでのタイミングは、いつもと違う不快な症状が1ヶ月以上続いたら受診しましょう。本当に病気なのか疑わしい場合は、ネットなどでチェックテストを受けると便利です。最近は簡単にうつ病の可能性が高いかどうかのチェックができます。チェックテストで可能性が高いという結果が出たら、病院を受診するというのも1つの方法です。

病院での治療については、主に薬による治療となります。精神病にもたくさんの種類があるため、処方される薬も様々です。そのため、病院では医師が患者の症状や話などを聞き、総合的に判断した上で、薬を決めます。処方する薬に関しては、体に合うかどうかが第一関門です。そのため、まず少量からの投与になります。症状が少し和らいだと判断されたら、徐々に薬の量を増やしていきます。1日に服用できる薬の量は、種類によって異なります。薬の量が増えた場合、今自分はどのくらいの量を飲んでいるか知っておくと良いです。量が多くて、服用期間が長ければ長いほど、症状が重く治療に時間を要することになるからです。薬によって症状が治まってくると、気持ちが前向きになってくることが多いです。そのため、医師からすればまだ寛解してなくても、本人にはもう治ったという誤った自信を持つ人もいます。しかし、ここで勝手に薬を減らしたり止めたりすると、症状が悪化します。医師からの指示には従い、自己判断はしないことが大切です。またうつ病は、完治というより寛解という、ひとまず症状が落ち着いていると捉える考え方があります。そのため、再発もありえますので、ストレスを溜めすぎない生活を送ることが大切です。

Copyright © 2016 心の風邪と言われるうつは信頼できる病院で改善しよう All Rights Reserved.