心の風邪と言われるうつは信頼できる病院で改善しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

休むことも大切

目頭を押さえる男性

様々な症状がある

「うつ病」という言葉を聞いたことがあるという人でも、それがどのような病気であるのかを正しく理解しているという人は少ないのではないでしょうか。うつ病を自身が発症した場合もしくは身近な人が発症した場合に適切に対応することが出来るように、正しい知識を持つことが大切です。まず、うつ病には気分の落ち込みややる気の減退などの精神的な症状の他に不眠や体のだるさなどの身体的症状があらわれる可能性があります。うつ病には、うつ状態と躁状態を繰り返すタイプもあります。症状をそのままにしておくと、日常生活に支障をきたす場合もありますので、病院での治療を受ける必要があります。なお、日本では15人に1人程度の割合でうつ病を経験していると言われていますので、それほど珍しい病気ではないと言えるでしょう。主な治療法としては、心と体を休ませることが出来るように休養を取ることや生活習慣を整えるという方法、病院では薬物治療やカウンセリングなどの精神療法があります。病院を選ぶ際には、どのような治療を行なっているのかを確認すると良いでしょう。

頑張り過ぎない事が大切

うつ病は、一度症状が良くなったように感じても、再発をする可能性もあります。再発を防ぐためには、発症する原因となった事を明確にするとともに、その原因を避けるようにすることが大切になります。そして、十分な睡眠を心掛けるようにしましょう。規則正しい睡眠は脳と体を休めるために大切なことです。なかなか寝付くことが出来ない、熟睡することが出来ないという場合には、病院に相談するようにしましょう。自分ではなかなか変えることが出来ないことの一つに、性格があります。生真面目、完璧主義、凝り性などの性格はうつ病になりやすいと言われています。このような性格の人は他の人に比べて頑張り過ぎる傾向にありますので、自身の性格をしっかりと理解し、妥協することが出来るところは妥協するなど、無理をし過ぎないようにコントロールをするようにしましょう。うつ病になりやすい人は問題を自分一人で抱え込んでしまいがちです。不安や困ったことがある場合には、家族や友人、主治医など相談しやすい人に相談をすることが大切です。

Copyright © 2016 心の風邪と言われるうつは信頼できる病院で改善しよう All Rights Reserved.