心の風邪と言われるうつは信頼できる病院で改善しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でもなる可能性がある

病院

早めに相談をしよう

なかなか眠ることが出来ない、夜中に何度も目を覚ます、食欲が無い、やる気が無い、何をしても楽しくない、ネガティブな思考になるなどの不調を感じている場合にはうつ病である可能性があります。うつ症状はそのままにしておくと、悪化してしまう可能性があります。そこで、大切なのは、最適な病院で適切な治療を受けるということです。病院を選ぶという場合、重要なのは通いやすい所を選ぶということと医師との相性を考えるということです。うつ病に対する治療を行なっているのは、精神科と心療内科があります。心の病全般に対する治療を行なっているのが精神科であり、心の病だけではなくそれが原因で起こる身体的な症状に対する治療を行なっているのが、心療内科です。どこに行けば良いか分からないという場合には、かかりつけ医に相談するという方法もあるでしょう。かかりつけ医では、これまでの病歴を把握していますし、些細な事でも相談しやすいでしょう。また、症状に合わせて最適な病院の紹介をしてくれることもあります。

再発を防ぐために大切な事

うつ病は良い時と悪い時を繰り返していき、徐々に回復していくものです。良い時に無理をしてしまうと、症状が悪化することがありますので、注意が必要です。また、病院で治療を受けるという場合、内服薬を使用することがあります。内服薬を使用することにより、症状が緩和されることがありますが、症状に合わせて内服薬の量や内容を変えていく必要があります。うつ病は一度良くなっても、再発する可能性の高い病気であると言われています。再発する理由はいくつかありますが、内服薬の服用を自己判断で中止してしまうということが影響していることもあります。症状が良くなった場合には、内服薬は必要ないのではないかと感じてしまう人も多いようですが、内服薬を勝手に飲むのを止めたり、量を減らすと再発の可能性が高まるので、注意が必要です。内服薬の量を減らしたり増やす場合などは、主治医と話し合うようにしましょう。なお、うつ病になった理由を知ることが再発を防ぐためにも重要になります。

Copyright © 2016 心の風邪と言われるうつは信頼できる病院で改善しよう All Rights Reserved.